安芸楽団


プロフィール

2006年9月結成                                     

 ドラマーの折田吉弘、キーボードの折田栄子、篠笛の梶川純司を中心として結成された広島在住の

 音楽家の集団。

 メンバーの編成は大編成(8名)〜小編成(3名)へと自由に組みかわる。

 篠笛、琴、シンセサイザー、和太鼓等の織り成す「和風フュージョンサウンド」は、
 
 パワフルで聞きやすく、年齢、性別によらず支持されている。

 レパートリーは 「コキリコ節」、「おてもやん」、「故郷」、「会津磐梯山」、「早春賦」等の民謡や唱歌を                                  アレンジしたものと、オリジナル曲 「飛脚」、「聖地巡礼」、「大蛇」、また、なんでも鳴子(府中市)、厳島物語(宮島)、                         大漁(豊浜町)、音戸の舟唄(音戸町)、 酒舞生粋(東広島  市)等、広島をテーマとした曲を、数多く持つ。